2020.06.08

マスクと熱中症

マスク着用の生活にも慣れてきた頃ですが、だんだん気温が上昇し、暑さや息苦しさを感じるようになってきました。最近では、マスクによる熱中症の話題を耳にします。マスクを装着していることで体内に熱がこもりやすくなり、熱中症のリスクが例年より高まるそうです。



熱中症と言えば思い出すことがあります。小学2年生だった娘が1学期の終業日を終えて帰宅すると、顔が真っ赤になって発熱していました。原因は、真夏の12時という炎天下の中、早く帰りたい一心で一生懸命歩いたこと…。普段から、特に下校中は水分補給をするようにと伝えておりましたが、小学生でも何かに夢中になってしまうと難しいようです。



子どもは大人が思っている以上に汗をかきますし、体温も高めです。



お子様とお出かけになる際には、できるだけ日陰を選んで遊んだり、水分補給や休憩する時間をこれまでより意識していただきたいと思います。



しっかり対策をして、お外遊びを楽しんください(^―^)