2019.08.08

たまにはお任せ「お願いね♪」

たまにはお任せ「お願いね♪」



子どもは、お父さんやお母さんがやっていることに興味津々です。



小さい頃ですと、目で追われる程度の興味ですが、大きくなりにつれて、その興味は行動を伴った強いものへと変化します!



子どもの言動から、「お母さんと同じことをやりたくてたまらない!」という強い意志が伝わってきます。 



例えば…



掃除機をかけていると、待っていましたとばかりに掃除機を取り上げてかけてくれる…。



お風呂掃除をしていると、普段見られないような器用な手つきで靴下を脱ぎ、掃除してくれる…。



トイレ掃除をしていると、背後から小さな手を伸ばしてトイレブラシを取り上げ、せっせと磨いてくれる…。



その執着心といったら…こちらがお手上げになるくらい素晴らしいパワーです。



もうこうなったら、たまには思い切ってお任せしてみてはいかがでしょうか。



思う存分やらせてみて、上手にできたら自信がつき、うまくできなくても挑戦したことへの満足感を得ることができます。



さらに、お家の方に「ありがとう♪」と言ってもらえると、子どもの心は幸せいっぱい♪ 



 



私個人の体験ですが、子どもがなぜかトイレ掃除に強い興味を持ち、自分がやる!と言って大変なことがありました。



洗剤を使うし、衛生的にも気になるし…と思いましたが、危険なことはしないという約束を交わし、掃除のやり方を一通り伝えてお任せしたのです。



これまでじ~っと見ていたこともあるからでしょうか、案外上手に掃除をしている姿に感心しました。



 



子どもに対して「無理だろうな。」と思うことは、親の勝手な思い込みもあるのかなと思います。



また、「無理だろうな。」と決めつけることは、子どもの学びや成長の邪魔をしてしまうことに繋がるように思います。



「挑戦させてみようかな。」とか、「できるかも?」といった気持ちを大切にしながら子育てをしようと思った出来事でした。