2020.03.13

魚釣りゲームを作ってみよう!

多くの幼稚園をはじめ、小中高校でも臨時休校になっています。



子どもにとって、外へ出られないストレスは、大人が想像する以上に大きいものです。



 



そんな時、いつもと違う遊びで気分転換!



今回は、ひとつのおもちゃでたっぷり楽しめる、魚釣りゲームです♪



 



パソコンから画像をダウンロードしてしまえばあっという間に完成しますが、あえて手作りをお勧めします。



 



チラシの裏でも構いませんので、紙とクレパス、クリップ、磁石(冷蔵庫に貼ってるマグネットでもOK)、サランラップの芯(フライ返しでもOK)、セロテープ、はさみ、紐(リボン)を準備してください。



 



★お子様と一緒に絵を描き、その絵の周りを切る。



(魚釣りと書きましたが、果物や乗り物、アンパンマンといったキャラクターなど、何でもOK!大きいお子様でしたら、一緒に描いたり切ったりする段階から楽しめます)



★切った紙にクリップを挟め、テープで固定する。



(小さいお子様がいらっしゃる場合は、クリップや磁石などの誤飲にお気を付けください)



★サランラップの芯に紐をつけ、その紐の先に磁石を付ける。



(磁石の落下防止のため、セロテープでしっかりとめてください)



★保護者の方が「メロン!」と言い、お子様がメロンの絵を釣る…というような遊び方や、誰が一番多く釣れたかを競い合ったり…遊び方は自由です。



 



雨の日の遊びとして大活躍だった魚釣りゲーム。



おもちゃをはじめから作ることにより、たくさんの時間を使ってたっぷり遊ぶことができます♪